改善の方法とは?


商品に興味を持ち、購入しようと入力フォームまで訪れたユーザーがフォームのわずらわしさが原因で最終的な購入にまで至らないというケースがあります。こうしたフォームからの途中離脱を避けるためにはefo(エントリーフォーム最適化)の活用を考えることも必要です。

入力入力項目数やフォームの長さ、手順を踏む段階などの改善は入力フォームそのものをシンプルに作り変える必要があります。あまりに項目数が多かったり必要な手順が多いとそれを見ただけで入力しようという気持ちが萎えてしまいます。また、確認ページで間違いを発見した時に修正しようと前のページに戻った時に入力項目が全てリセットされてしまうと、その時点で再入力を諦めてしまう人も多いものです。1度入力した情報はそのまま残すようにフォームを改善する必要があります。

フォーム自体の改善ではなく、efoツールを使って改善できる項目もあります。例えば、必須項目があればその入力欄に色をつけ、入力したら色が消えるといったアシストをするとわかりやすいでしょう。また、全角・半角の指定がある場合も、間違えて入力してもそれを指摘するメッセージをその場で出るように設定しておくと一目でわかり訂正しやすくなります。

ue reading »',

項目を見直す


パソコンやスマートフォンで通販を利用したり、何らかの申込みなどで入力フォームに必要事項を入力する経験をしたことがある人は多いでしょう。その時に、つい面倒だと感じてしまったり、最後まで辿り着けなかったという人もいるのではないでしょうか。これを販売する企業の視点から見ると自社の商品に興味を持ち、申込みフォームまで来てくれたユーザーが、入力のわずらわしさによって購入を諦めてしまったことになります。これではせっかくの販売の機会が失われてしまいます。

項目efoはユーザーが入力フォームのどの項目で離脱したのか、入力にかかる時間はどれくらいかかるのかなどを分析することで、顧客が離脱してしまった理由はどこにあるのか、フォームを見直すことによってその改善策を検討することができます

例えば、入力するフォームが長すぎたり項目数が多い場合、半角全角の指定がある、他ページへのリンクがあり顧客の注意が逸れたりうっかりリンクにアクセスしてしまうなどがあります。具体的にどこに問題があるのか分析し、明確にすることで、ユーザーが入力フォームから離脱してしまう原因を追及できます。ユーザーが離脱しやすいフォームを改善するためには入力フォーム自体を修正する方法と、efoツールを利用する方法があります。

ue reading »',

efoとは何か


インターネットインターネットをよく利用している人の中には、サイトを見ている中で気に入った商品をその場で購入するネット通販を利用するという人も多いでしょう。ネットで商品の購入や懸賞などの応募を行うとき、フォームに必要事項を入力し送信することを求められます。しかし、せっかく商品に興味を持ち、入力フォームまで辿り着いたユーザーが途中で入力を諦めてしまうというケースは実に多く、およそ8割の人が申し込みまで至らないとも言われています。

商品に興味を持ってもらっても、その後の申込み方法に手間取ることでユーザーが離れてしまうというのは実にもったいない話です。そこで、ユーザーが入力フォームから離脱しないための手段として「efo」が求められます。

efoとは「Entry Form Optimization」の略語です。エントリーフォームの最適化を目指すことで、ユーザーが離脱するのを防ぎ、集客や売り上げアップにつなげる事ができるのです。ユーザーの離脱率を下げるには、まずはユーザーの視点に立ち、利用しやすいフォームを構築することが必要です。そのためには、ユーザーがどこで入力を諦めてしまったのか具体的な見直しが重要になります。当サイトではefoとはどのようなものなのか、またそれを導入することによってもたらされるメリットとは何なのか紹介します。efoについて詳しく知りたい、これから導入を検討したいと考えている方にとって良い情報があれば幸いです。

ue reading »',