項目を見直す


パソコンやスマートフォンで通販を利用したり、何らかの申込みなどで入力フォームに必要事項を入力する経験をしたことがある人は多いでしょう。その時に、つい面倒だと感じてしまったり、最後まで辿り着けなかったという人もいるのではないでしょうか。これを販売する企業の視点から見ると自社の商品に興味を持ち、申込みフォームまで来てくれたユーザーが、入力のわずらわしさによって購入を諦めてしまったことになります。これではせっかくの販売の機会が失われてしまいます。

項目efoはユーザーが入力フォームのどの項目で離脱したのか、入力にかかる時間はどれくらいかかるのかなどを分析することで、顧客が離脱してしまった理由はどこにあるのか、フォームを見直すことによってその改善策を検討することができます

例えば、入力するフォームが長すぎたり項目数が多い場合、半角全角の指定がある、他ページへのリンクがあり顧客の注意が逸れたりうっかりリンクにアクセスしてしまうなどがあります。具体的にどこに問題があるのか分析し、明確にすることで、ユーザーが入力フォームから離脱してしまう原因を追及できます。ユーザーが離脱しやすいフォームを改善するためには入力フォーム自体を修正する方法と、efoツールを利用する方法があります。