改善の方法とは?


商品に興味を持ち、購入しようと入力フォームまで訪れたユーザーがフォームのわずらわしさが原因で最終的な購入にまで至らないというケースがあります。こうしたフォームからの途中離脱を避けるためにはefo(エントリーフォーム最適化)の活用を考えることも必要です。

入力入力項目数やフォームの長さ、手順を踏む段階などの改善は入力フォームそのものをシンプルに作り変える必要があります。あまりに項目数が多かったり必要な手順が多いとそれを見ただけで入力しようという気持ちが萎えてしまいます。また、確認ページで間違いを発見した時に修正しようと前のページに戻った時に入力項目が全てリセットされてしまうと、その時点で再入力を諦めてしまう人も多いものです。1度入力した情報はそのまま残すようにフォームを改善する必要があります。

フォーム自体の改善ではなく、efoツールを使って改善できる項目もあります。例えば、必須項目があればその入力欄に色をつけ、入力したら色が消えるといったアシストをするとわかりやすいでしょう。また、全角・半角の指定がある場合も、間違えて入力してもそれを指摘するメッセージをその場で出るように設定しておくと一目でわかり訂正しやすくなります。

ue reading »',